2021年11月30日
松井秀喜氏 エグゼクティブ・ドリームパートナー
就任記者会見のプレスリリース

 『アフリカ55 甲子園プロジェクト』発進!松井秀喜氏がドリームパートナーに就任

一般財団法人アフリカ野球・ソフト振興機構(J-ABS:ジェイエイブス/東京都新宿区、代表理事:友成晋也)は、アフリカに甲子園大会をつくり、日本の高校野球と同じスタイルで青少年を育てる「アフリカ55甲子園プロジェクト」を開始します。このたび、その趣旨に賛同した松井秀喜氏が「J-ABSエグゼクティブ・ドリームパートナー」に就任しました。
J-ABSは、「キャッチボールで世界を平和に」をスローガンに、日本型野球/ソフトボールを通じてアフリカの青少年少女たちの人づくりと競技普及に貢献し、日本とアフリカの架け橋となることを目指す団体です。これまでタンザニアで「甲子園大会」を行った実績などがあり、今後、アフリカ55の国と地域に広げていきたいと考え、「アフリカ55甲子園プロジェクト」を開始します。

 

 

    

 

  

松井秀喜氏のメッセージ動画はYouTubeで配信します。

25年間で約3800名に野球を教えてきました。
1130-1.png
1130-2.png

1. 記者会見の登壇者 ※登壇順
① 一般財団法人アフリカ野球・ソフト振興機構 代表理事

友成晋也 (ともなりしんや)
② 駐日ブルキナファソ大使館 特命全権大使
パスカル・バジョボ 閣下 His Excellency Mr. Pascal BATJOBO
③ 駐日ガーナ大使館 特命全権大使
フランク・オチェレ閣下 His Excellency Mr. Frank OKYERE
④ 駐日ナイジェリア大使館 特命全権大使
アブバカ・モリキ・フセイニ閣下 His Excellency Mr. Abubakar Moriki HUSAINI
⑤ 駐日タンザニア大使館 臨時代理大使
ジョン・フィッシャー・カンボーナ全権公使 Mr. John Fisher KAMBONA
⑥ 在日アフリカ人 市民代表
 

ポップ・エニング氏
⑦ 女子ソフトボールU18タンザニアナショナルチーム コーチ

合田 智子(ごうだともこ)氏

【記者会見】日時:11月30日15:00~16:30 場所:Japan Sports Olympic Square

2. プロジェクトの背景
友成代表理事は、国際協力の仕事に従事する傍ら、NPO 法人を組織してアフリカに野球を普及する活動に取り組んできました。

その経験から、野球には3つのチカラがあると考え、「アフリカ55甲子園プロジェクト」の構想に発展していきました。


<野球のチカラ>
①民主主義を広めるチカラ
1999 年、ガーナで野球少年に野球の魅力を訊ねると、「バッターボックスに立つと味方のみんなが応援してくれる。ヒーローになれるチャンスがみんなに平等に回ってくる。
野球は民主的だから好きなんだ」と答えた。日本では気づけなかった野球の素晴らしさをアフリカの子どもたちに教えられ、「アフリカ野球」活動の原点となった。


➁人づくりのチカラ
タンザニアでは、「規律」「尊重」「正義」をスローガンに、約束の時間に集まることや安全に競技できるよう石拾いなどグランド整備をすること、道具を大切に使い続けること、仲間や指導者、相手チームへの挨拶などを教え、「礼に始まり礼に終わる」日本型の野球を実践していった。その結果、子どもたちの学習意欲も高まり、教育現場から野球が高く評価され、「甲子園大会」の開催に発展した。

 

➂平和を創るチカラ
難民、避難民だった子どもたちに日本型野球を教えていることに注目した南スーダン高官が、「長らく民族紛争が続くこの地の子どもたちに必要なスポーツだ」と、様々な立場や民族の壁を越えて人々をつなぎ、「南スーダン野球・ソフトボール連盟」が結成された。
21 世紀の今、アフリカは、IT イノベーションや資源発掘、外資の流入などにより、高い経済成長が続いています。かたや日本は少子高齢化と経済の低迷が続き、活力が漸減している状況が続いています。

日本人にとって、今は縁遠いアフリカかもしれませんが、野球のチカラでつながることにより、将来、日本社会に活力をもたらしてくれる日が必ず来ると考えています。

3. アフリカ55 甲子園プロジェクトとは
J-ABS の前身団体(アフリカ野球友の会)が2014 年から8 年間「タンザニア甲子園大会」を開催してきた経験などを生かして、アフリカの54 か国と1 つの地域を対象に25 年計画で取り組むプロジェクトです。
主に3つの活動を行います。
①グラウンドの整備方法や野球道具の支援などプレー環境の整備を支援
②野球の技術に加え、スポーツマンシップを育む日本型野球の指導方法を普及
③甲子園大会のような国内大会を各国で開催し、目標を持って挑戦する機会の提供
※詳細は「参考資料①」(別途配付)をご参照ください。

4. 松井秀喜氏が「エグゼクティブ・ドリームパートナー」に就任
アフリカに野球が広まっていくこと、すなわち「アフリカ野球の夢」を一緒に実現していくパートナーを「ドリームパートナー」と呼んで、企業や団体、個人に広く参加を呼びかけていきます。
このたび、その第一号となる、「エグゼクティブ・ドリームパートナー」に、松井秀喜氏が就任しました。
J-ABS のビジョンおよび「アフリカ55 甲子園プロジェクト」の構想に賛同いただき、実現したものです。就任の理由としては、以下の3 点となります。
①松井氏は甲子園で5 打席連続敬遠をされた屈指のスラッガーであり、第100 回甲子園大会の始球式を務めた甲子園のシンボルのような存在であること。
➁J-ABSが取り組む日本型野球で目指す人づくりの理想像として、スポーツマンシップあふれる松井さんが最もふさわしいと考えたこと。
➂国際舞台で大活躍したスケールの大きさがアフリカのプロジェクトの規模感に合致するとともに、アフリカの国と地域の数は55、松井氏の背番号も55 と、運命的なものを感じたこと。
なお、松井氏の活動は、12 月12 日~15 日に開催予定の「第9 回タンザニア甲子園大会」の開会式において選手たちにメッセージを贈るところから始まります。今後、アフリカの野球少年、ソフトボール女子たちとの交流を松井氏も希望しており、その機会を作っていく予定です。

 


<松井秀喜氏の就任メッセージ> (YouTube で動画配信しています)
松井秀喜です。
このたび、一般財団法人アフリカ野球ソフト振興機構、J-ABS(ジェイ・エイブス)の活動を応援させていただくことになりました。
私は日本で生まれ育ち、「甲子園」に憧れて野球を始め、素晴らしい指導者や仲間に巡り合い、貴重な経験をすることができました。グラウンドで仲間と汗を流した日々も、憧れの甲子園に立った時の感激も、忘れられない思い出になっています。
その「甲子園」が、アフリカにもあることを、みなさんはご存じでしょうか。
「甲子園」を目指して白球を追う若者がアフリカにもいると聞いて、私はとても感動しました。
まだまだ盛んなスポーツとは言えませんが、アフリカの甲子園大会をもっともっと大きくして、野球やソフトボールを通してアフリカの青少年を育てていこうという構想に、深く感銘を受けました。
アフリカの子どもたちが野球を楽しむ映像をご覧下さい。まるで映画「フィールド・オブ・ドリームス」のような手作りのグラウンドで、夢中でボールを追っています。
私の原点も、ふるさとの原っぱで、兄や友だちと興じた野球です。同じ夢を持つ子どもたちがアフリカにもいると思うと、アフリカが急に身近に感じられるようになりました。
状況が許せば、私自身もアフリカに行ってみたいと思っています。アフリカの少年少女とキャッチボールをしたいです。
私はアフリカの野球・ソフトボールを応援します。野球・ソフトボールをするアフリカの少年少女がもっともっと増え、日本をはじめとする各国の少年少女と交流する日を夢に見ます。
この「アフリカ野球の夢」の実現に向け、みなさんもぜひ、僕と一緒にドリームパートナーとなって、アフリカの少年少女たちを応援しましょう。

<プロフィール>
J-ABS エグゼクティブ・ドリームパートナー
松井秀喜 (まつい・ひでき)
元プロ野球選手/Matsui 55 Baseball Foundation 代表理事
1974 年6 月12 日生まれ。石川県出身。188 ㎝/95kg。現役時代はニューヨークヤンキースや読売ジャイアンツでプレー。現在 ニューヨーク在住。

 

受賞歴/経歴
MLB:ワールドシリーズ優勝1 回、ワールドシリーズMVP1 回、オールスター2回等
プロ野球:日本シリーズ優勝3 回、日本シリーズMVP 1 回、リーグMVP 3 回、オールスター9 回 等々
2013 年国民栄誉賞。

 


5. 代表理事・友成晋也のプロフィール
1964 年7 月16 日生まれ。東京都出身。大学卒業後、民間企業勤務を経て1992年JICA(独立行政法人国際協力機構)に入職。1996 年にJICA ガーナ事務所所
員、2012 年にJICA タンザニア事務所次長、2018 年にJICA 南スーダン事務所長など3カ国通算8 年半アフリカで勤務。2020 年末にJICAを早期退職し、現職。

野球歴:
慶應義塾高校、慶応義塾大学で野球部に所属。ガーナ・ナショナル野球チーム監督、タンザニア・ナショナル野球チーム監督、南スーダン・青少年野球団監督を歴任。


著述等:
・「アフリカと白球」(2003 年発刊、文芸社)
※ビートたけし氏が帯コメントに登場(出演中のテレビ番組でガーナ国代表チーム監督としての奮闘ぶりを紹介)
・「野球人、アフリカをゆく」 (朝日新聞のウェブメディア「論座」2019 年5 月~2020 年8 月、南スーダンの活動など31 回連載)
・米ニューヨーク・タイムズに「アフリカに野球を根付かせた日本人」として紹介され、2021 年ニューズウィーク日本版で「世界が尊敬する日本人100 人」に選出される。野球界からの選出は大谷翔平選手、ダルビッシュ選手、友成の3人。
(2021 年ニューズウィーク夏季合併号 掲載記事)

2021-11-30.jpg